忍者ブログ

S60ブログページ

ブログやらラジオの更新状況やらを書いてこうと思います。 ニコニコ動画にアップ中のラジオへのメールはプロフィール欄のHPでどうぞ。  身内やラジオリスナーで小規模に好き勝手ワイワイやれたらと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流行り神シリーズ(63)

強い否定は本人が認めたくないこと。言葉よりも信用できる肯定になると考えています。
大体は流すか無関心になるものです。タクミです。

名作ばかり紹介紹介すると胃もたれ気味になるので今日は人を選ぶゲーム
「流行り神(PS2/PSP/DS)」


のご紹介。

~さっくりあらすじ~
本庁の刑事である主人公は、ある日聞いたこともない部署に配置転換される。
そこは怪奇現象が絡む事件を調査、資料を編纂するという所だった。
はじめは怪奇現象をそれほど信じていなかった主人公であったが、
常識では考えられない事件に次々と遭遇していく。

主人公


この作品の特徴は、オムニバス形式で展開されるそれぞれの事件や怪奇現象にたいして、
二通りのルートがあることです。

ひとつは、科学的に調査、分析していくということ。
ひとつは、怪奇現象を現実にあるものとして認め、オカルト的視点で考えていくこと。

例)公園で「鬼」を見たという子供がいたとします。

科学サイドでは子供がどういったものを見た場合「鬼」と認識するのか。
狂言の可能性は?幻視の可能性は?記憶の錯乱の可能性は?といった視点で
捜査が進められていきます。

オカルトサイドでは、そもそも鬼とはなんなのか。人間がなるのか?元々存在しているのか?
なぜ公園に現れたのか?このあたりに鬼にゆかりのあるものや伝承はあるのか?
を捜査していきます。

面白いシステムですが、人を選ぶ点はここにあります。この二つはどちらが正解という
ものではなく、怪異事件に対して主人公のスタンスを示すものです。なのでどちらでも
物語は最後まで進行するのですが、科学では完全に解決しません。だって科学で完全に
説明がついちゃったら普通の事件であって「流行り神」でやる意味はないじゃないですか。
推理ゲームファンは事件があると完全な解決を望みますが、理屈で詰めていくと最終的に
矛盾点が出てきます。だからといってオカルトサイドが正解ってわけじゃないんですよ?
このあたりの部分が受け入れられなかったのがあるのは確かですが、科学サイドに
進みながら、ちょっともやっとする部分まで味と楽しめたら言うことないです。
じつはその不明瞭な部分は2のラストで解決するんですが、それが明らかになるのは
すべてのルートと隠しシナリオをやらなければいけない隠し隠しシナリオという鬼っぷり。

3まで出ていますが、なんだかんだおもしろかったです。「予知夢」やら「黒暗天(貧乏神)」
「こっくりさん」やらうっさんくせー話がいっぱいです。自分は物語が進むにつれて
オカルトルートにすすむ割合が増えていったんですが、徐々に怪奇現象を受け入れて
いったのかなあ・・・。登場人物も結構多いですが、媚びてくるような萌えキャラなんぞ
存在しません。都市伝説です。主人公の相方のごついおっさんの小暮さんが一番カワイイって
ゲームです。常識人は小暮さんくらい。最後にキャラ紹介しておしまい!

多分一番かわいい小暮さん。怖がりなのに霊感強いかわいそうな人。


科学ルートでお世話になる検察医の人見先生。いつも解剖してる。


オカルトルートでお世話になる主人公の義兄で民俗学の権威、霧崎水明先生。かっこE。


人見先生だけ1の画像になってしまった。あ、こっくりさんは女子高が舞台だけど
出てくる女子高生はみんな顔怖いよ!!



PR

クロス探偵物語(61)

↓今回紹介するゲームのOP。PCの方は是非再生しながら読んでみてください。


人に嘘つき自分に正直、タクミです!
推理ゲームの紹介だけで三ヶ月はかかりそう。うーむ。
今回ご紹介するのはこちら!探偵物のなかでは屈指の名作と名高いこちら!

クロス探偵物語!(PS/SS)



主人公  黒須 剣(18)
子供のころに事故で親を亡くしたが、その状況に不振を抱く。
高校卒業の後に親の死の真相を知るべく名探偵と名高い冴木探偵事務所に弟子入りを志願。
物語はそこから始まります。

非常にハイクオリティにまとまった名作です。7話からなるそのストーリーは、すべて魅力的。

3つほど例をあげると・・・
学校で次々と死んでいく教師達・・・しかしその死因は「癌」。偶然なのか?他殺なのか?
「恋人が宇宙人か調べてほしい」奇妙な依頼の真意とは。
洋館に閉じ込められ、予測不能に思えるアトランダムな殺害方法。犯人は無差別殺人犯?。

続きやオチが気になって一気にクリアしてしまったなあ><
さらにこの作品が素晴らしいのは「ゲームは娯楽である」ということを意識している点。
監督の神長豊氏はテレビ局出身だからか、ユーザーに推理を押し付けるのではなく作品を
楽しんでもらおうという心配りが感じられました。
推理パートでは選択ミスでゲームオーバーにならず、間違えるたびに少しずつヒントが出され
難易度が下がっていきます。文字の穴埋めでは直接ヒントがでたり、選択肢が減ったり。
それでも進めないと黒須君が解いてくれます。当時はインターネットが普及が今ほどすすんでおらず、
推理ゲームはすすめなくなってしまうことがよくありました。なのでこういったシステムは
ありがたいですよね。
ほかの独自に搭載された要素は「マッハシーク」というもの。
これの内容は、「ほかのゲームよりロード時間が早い」・・・それだけです。
地味ですよね。ですが素晴らしい。当時は次世代ハードに移ったばかりで、新規参入の
メーカーは比較的開発費が抑えられるADVゲームを製作するところが多かったんです。
他作品との差別化のため、推理を難しくするシステムを追加したりする作品が多かったんです。
そんな中クロスはユーザーに快適にプレイしてもらう下地を整え、あとは正統派の直球勝負。
それでいてシナリオ、キャラクター、演出が素晴らしいのだから、名作と呼ばれるのも
当然といえば当然なんでしょうね。

ゲーム画面


絵もきれいでボイスもあります。やっぱいいゲームだなあ・・・・・・。
ただし、このゲームには非常に大きな欠点があります。それは

続編でねええええええ!

ということです。しかたない。神長氏はテレビ業界に帰ってしまったらしく、続編はお蔵入り。
2の予告映像も製作され、ゲーム誌にも必ず出すと声明を載せたのですが・・・・・・。
凡作ではなく名作の続編がでないということで、今でも続編製作を叫ばれている作品です。
黒須君。僕、君より9も年上になっちゃったよ・・・・・・。


探偵神宮寺三郎シリーズ(60)

ラジオでゲームの話をし足りない!てなわけで今回は探偵神宮寺三郎の紹介だ!



ハードボイルド社会派推理ADV!新宿歌舞伎町に事務所を構える神宮寺三郎が助手の御苑洋子と
共に難事件を解決していきます。

神宮寺三郎と御苑洋子


当時の自分は高校生。金田一少年の事件簿やかまいたちの夜などの影響で「推理」にハマッて
いました。そんな時1500円で買った「探偵神宮寺三郎 灯火が消えぬ間に」は衝撃でした。
ジャズの流れる独特な空気感も魅力的でしたが、はじめて触れる社会派推理というジャンルの
虜になりました。

金田一やかまいたちの夜は、どちらも閉鎖的な空間かつ現在進行形で殺人事件が起こっていきます。
そして犯行を隠すために仕掛けられた巧妙なトリックを主人公が見抜く。
「推理物は難しくて巧妙な推理ロジックを解くのが醍醐味なんだ!」当時の自分は
そう考えていました。ところが神宮寺シリーズは全然違う作品だったんです。
神宮寺シリーズの流れはだいたいこんな感じです。
事件の調査を依頼され、足を使い人脈を使い、時には偶然が味方し情報を集めていく。
集めた情報から推理していくと事件の全体像がおぼろげながら見えてくる。少しずつ犯人に
近づいていく。犯人の目的までつかみかけてくると犯人も神宮寺達の動きに気づく。
神宮寺を脅威に感じた犯人は、始末しようと動き始める。過去の事件の
調査だったはずが現在進行形で大きな事件に直接関わっていく・・・・・・。
この流れがおもしろいんだなあ。登場人物も魅力的。洋子君は今でも理想の女性。
「いるだけヒロイン」じゃないんです。出来すぎなんです。八ヶ国語しゃべるんです。こんなやつ
「いねえよヒロイン」なんです。あとは熊野参蔵警部もかっこよす。
かたっくるしい作品に見られがちなです同シリーズですが、オマケモードは
結構はっちゃけてます。人気オマケモード「謎の事件簿」はコミカルタッチの
神宮寺達がプチ事件に挑んでいきます。

こんなかんじ


画像はDS版謎の事件簿ですが、自分はDS版はひとつしかやってないです。本編に神宮寺シリーズらしさがでていなかったのでやめてしまいました。なのでこの話はPS2版までですね。
途中で会社が倒産したり脚本が毎回違ったりする神宮寺シリーズですが、自分は「灯火が消えぬ間に」
が一番好きです!「夢の終わりに」と「Innocent Black」もオススメですよ!


最近!(51)

昭和60年生まれで裸眼じゃないほう、タクミです!

最近PS3のゲームを買いまして。アーマード・コア5という難しめのロボットアクションゲームです。自分だけの機体を組んで、チームで協力して戦うゲームなんですが、アカマ&サトルとプレイしています。(ゲンキもやる予定)チーム名はエムゼロから、『私立聖凪高校』。みんなエムゼロのキャラクター名でやってます。自分はこういうゲームは得意なんですが、サトルはゲームが苦手。楽しめるのか心配でしたが、意外な楽しみ方を見つけてくれました。それが
『オリジナルエンブレム作り』
画像取り込みではなく、128層のレイヤーで作っていく根気のいる作業。自分はまったくのノータッチだったのですが、サトルはわずか数時間で何種類もの『マジックプレートエンブレム』を作り上げました。自分はホワイトアイアンプレートのエンブレムを使わせてもらってます。PVを見てもらえればアーマード・コアシリーズの重厚な世界観が感じられるかと思うのですが、その中でサトルの機体は『全身緑色かつジャンプのキャラ物エンブレムで身を包んだ四つ脚の痛ロボ』という素晴らしさ。機体性能と同じくらい見た目にこだわるのはとてもサトルらしいです。

VOMICなんですが!
1000再生
50マイリス
を目標にしようとゲンキと話していたんですがどうでしょうか……。ゲンキがかなり頑張っていたのでいってほしいです。編集中の映像なら見れるのに完成版は恥ずかしくて直視できない不思議!!完成版は、自分の声の所にミュートかけたりちらちら画面見てたんですが……ゲンキ後半の旭さんの一部分撮り直した?!ちょっと涙声入ったあんな演技派な声だったっけ?!
本物のVOMICがきたらちょっと比べてみて、声優のすごさを体験したいっす。
でも……やっぱり教頭の声はキャラクターにピッタリだと思うのだ……!

友達(49)

タクミです。

夜中に友達から
『明後日籍入れます』
とメールが。一番古い友人からの結婚報告がメール!しかも一斉送信メール!圧倒的他人感!このやろう!サトルとはえらい違いだくそっ!崩した体調が戻ってきたと思ったらこれですよ!まったく!
さ~て、ゲームが上手いかこっちの趣味に口出ししない彼女つくらないとな……

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[04/23 ゲンキ]
[04/20 mai]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 草薙葵]

プロフィール

HN:
ゲンキ&タクミ&アカマ&サトル
性別:
男性
自己紹介:
どうも。主に週刊少年ジャンプに関して書いていきたいと思います。

バーコード

ブログ内検索

P R