忍者ブログ

S60ブログページ

ブログやらラジオの更新状況やらを書いてこうと思います。 ニコニコ動画にアップ中のラジオへのメールはプロフィール欄のHPでどうぞ。  身内やラジオリスナーで小規模に好き勝手ワイワイやれたらと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

勝手な安心

ジャンプの詳細に関してはタクミが書くと思うので少しスポットを変えた話を。


最近、歳をとったせいかマンガの見方が変わったなぁと思う瞬間がよくあります。


自分は完結したマンガをあれこれ掘り返して欲しくない方です。


原作を超えるはずもない実写化や、当時と違う絵で描かれる続編を目にすると、
「せっかく良い終わり方をしたのにな」「自分の中にあるイメージを壊して欲しくない」
という思いばかりが浮かんできます。

汚い言葉を使えば「金が入りゃなんでもいいのか」、と。



で、今週号のジャンプに掲載された「るろ剣」。

最近話題になっている理由は上記に挙げたものとモロかぶりだけど、
とりあえず頭を空っぽにして読むことに。


結果、めちゃめちゃ面白かった。


和月さんの偉大さを思い知らされただけでした。
結局作者次第なんだな、と再認識。
なんと愛がこもっていることか。


この頃マンガを読んで楽しめるかどうかの要因として、
「どれだけ作品に想いが詰まっているか」
というのが大きな割合を占めているように感じます。

まぁ上手く言えないけど和月さんのマンガは
いつも作品への愛情に溢れていて、それが伝わってくる。

実写化しようが世間が騒ごうが、これからも和月さんは変わらない姿勢で
マンガを描いてくれるような気がして勝手に安心してました。


ということで、今はストレートなやる気が伝わってくるタカマガハラを応援してます。
PR

コメント

お名前
文字色
コメント

無題

めっちゃわかります。

自分は人気だすために唐突にバトル化したりすると、ホントにそれが描きたかったの?って思ったりします。

バクマンでは読者の読みたいマンガを描くか、自分の思いがこもったマンガを描くかどちらの主張もあっていいんだって言ってましたね。

デスノートの実写は面白かったですけどLのスピンオフは全然デスノートっぽくなかったのが残念でした。

無題

>ゲンキ

妹さんを僕に下さい

無題

>灰崎
読んでる側としてはやっぱそう思っちゃうよな。
「ホントにそれが描きたかったの?」って読み手が
思ったらそれは大体当たってるんじゃないかと思う。

あとデスノートはオレも全く同じ感想だった(笑)。

無題

>タクミ
もしそうなったらオレは四階建てダンボールハウスを見た役人みたいな笑みを浮かべる。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[04/23 ゲンキ]
[04/20 mai]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 草薙葵]

プロフィール

HN:
ゲンキ&タクミ&アカマ&サトル
性別:
男性
自己紹介:
どうも。主に週刊少年ジャンプに関して書いていきたいと思います。

バーコード

ブログ内検索

P R