忍者ブログ

S60ブログページ

ブログやらラジオの更新状況やらを書いてこうと思います。 ニコニコ動画にアップ中のラジオへのメールはプロフィール欄のHPでどうぞ。  身内やラジオリスナーで小規模に好き勝手ワイワイやれたらと思います。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャンプ

ゲンキです。

昨日会社でどこからか聞こえてきた「資料にこう見直しをかけてさ…」の一部が
古味直志に聞こえましてちょっとドキっとしました。
あと今週号の、「ページをめくったら明神」にビビったのは自分だけじゃないはず。

ではジャンプの感想を。

■トリコ
三虎は最近のジャンプで一番よくできた敵キャラな気がします。
敵役としてただポンッとストーリー置かれたわけじゃなく、
中身を伴って物語のテーマに関わっているような。
やっぱただ「悪い」ってだけじゃつまらないですよね。

■ハイキュー
今週古舘さんの見せ方って凄いなーと再認識しました。
すごく気まずいケンカをしてるはずなのに、日向と影山の
両方の気持ちが分かるっていう。
特に影山の、自分の方が正しいことを言ってるはずなのに、
ってあたりが胸に来ました。
ケンカってお互いこういう気持ちがぶつかるから起きるんだよなーと。
古舘さんの言葉のチョイスはやっぱ好きです。

■BLEACH
今週みたいなラストだと「…どうせまだ生きてるんだろ…?」と思ってしまう(笑)。
いや!オレが悪いんじゃないでしょ!
今までさんざんそうだったじゃん!と自分を正当化しているところです。
「実は全然効いてませんでした」みたいなのをやられると、
前の週のヒキが完全に無意味になるので簡便。

■焼野原塵
やっぱ面白いなこれ(笑)。
15年くらい前のジャンプを見てる気分。
吉丸が銃をシカトしたとこでかなり笑いました。
こういう甘っちょろいラストが好きです。うまくいったからまぁいいか的な。

■ワールドトリガー
なんか前はイマイチだと思ってた葦原さんが描くアクションシーン、
今は何の不満も無く見れるのが凄い。

今週は描き込みは多かったけど、連載開始以来一番話があっさりしてた気がします。
これは間違いなく来週盛り上げるための布石でしょう。
しかも来週センターカラー!!それを知った時、
「フホホ!」と気持ち悪い笑いが漏れました。
なんかこのペースでカラーが貰えれば、そのうち表紙もあり得そう。
今まであまり良いところの無かったオサムがセンターカラーの回で活躍とは、
ニクイ演出をしてくれます。
いけオサム!木虎ちゃんを悔しがらせるのだ!!

■ソウルキャッチャーズ
”天籟ウィンドフェス編大人気御礼!”の文字を信じています。

恐竜みたいな馬が客席に向かって飛んだ時、
”これは暴君先輩の音”と脳が判断したことに自分で笑いました(笑)。
ようやく脳が神海マンガに追いついてきたようです。
なんか最近不思議で、演奏シーンで音楽が聞こえてくるような錯覚を起こします。
神峰が音をぶつけようとするシーンでは本当に届いてくるような感じで。

伊調の音と比較されてる、ってシーンの描写もうまかったなー。
ジャンプするってのも分かりやすいアクションで良かったです。
指揮者のことは詳しくないけど、前に題名の無い音楽会という番組で
指揮者を目指す中学生が指揮中にジャンプして、「憧れの人のマネをしてみた」と
言っていたので実在するんだろうなーと。
まぁさすがにその時は神峰みたいな開脚ジャンプはしてなかったけど(笑)。

■クロクロク
いやー、威対さんいいわ(笑)。
完全に好みのキャラだわ。もっと早く出てくれたら良かったのに。
けどこの終盤に威対さんの話を持ってきたってことは、
作者もお気に入りのキャラなんだろうなーと思います。
最近23区の連中を主人公にしてた方が面白かったんじゃ?とか
思ったけど、クロクロクのファンから怒られそうなので
この辺にしときます。

■ひめドル
最終回かと思いました(笑)。
そしてとうとう最後のてこ入れキャラ登場。
いや、どうしても出しておきたいキャラなのかな?
そこまで話数は残ってなさそうだけど最後まで応援します。

■磯部磯兵衛物語
あっという間に連載までこぎつけたのは凄い(笑)。
そこまで人気があったとは思えないけど、
掲載されても差し障りの無い感じがしてしまう。
溶け込むのがうまいというか何というか。
どこの雑誌に載っても溶け込めそうで怖い。
初回の面白さとしては、正直普通でした(笑)。


最近クロクロクとひめドルがヤバい感じだけど、
仮に終わるとして次に来るのは誰だろう、と少し考えてました。

連載経験者で言うと、あり得そうなのがバクマンコンビ、天野明さん、恋染の絵の方。
大穴で岩代さん、叶さん、岩本直輝さん、天野洋一さん、藍本松さん。

連載未経験者で言うと、三木有さん、宮島京平さんあたりなのかなー。
金未来杯エントリー組が焼野原塵みたいに出てくるかもだし。

バクマンコンビを除けばこのあたりが何かしら掲載されてる人たち。
自分としては今くらい新連載が続く枠がある方が気持ちが楽っちゃ楽なんですが。

というか、冨樫が働けばオールOKなんですが。
映画化とかしてヤツに収入源を与えないで欲しい。
冨樫にエサをあげないで下さい。




PR

コメント

お名前
文字色
コメント

無題

今週はジャンプした神峰に刻坂がそんなにジャンプしたら危ないぞと、以外と冷静にいっていたので爆笑しました。

ライトウイングで羽ちぎられた時に審判が大丈夫?と声をかけたのを思い出しました。

次新人が来るとしたら、神父がルシファーのやつか、相撲のやつと予想!増刊と、本誌で連続で載ったので。

無題

>灰崎
刻坂君のツッコミがあって初めて、
「あ、これって神海マンガの中でも異常事態なんだな」って認識できた(笑)。
LIGHT WING理論で言うと、音羽先輩も恐竜が傷つけられたら
ダメージ負うのかもな(笑)。

おーなるほど。
そうか、そういや最近は増刊・本誌に読み切り載せて、
そこから連載ってのが流れとして多いな。
そう考えるとグラスフィートと火の丸相撲はありそう。
が、アレよな。ヘビージャンパーの予想は結構外れる(笑)。

無題

磯兵衛は初回でかなり反響あったみたいですねー。普段ジャンプを話をあまりしない人からも話題を聞いたりしました。そして合間に掲載されていたタビットさんはあまり話題にならなかったっぽいですね…。

藍本先生はこの間NEXTでも読み切りを描いてらっしゃいましたしそろそろ復活してくれるんじゃないかと期待してます。葦原先生と古舘先生に藍本先生が加われば自分的ジャンプ黄金期が再来するんですが!

それはそうと芝田優作先生はまだですか?

無題

>昭和59年生まれさん
ほう。ジャンプを読まない人も話題にしていたと。
それって貴重ですよね。普段読まない雑誌って滅多に手に取らない。
でも「表紙の絵が気になった」とかで読む人は必ずいるはず。
だからもっと色んなマンガを表紙にせいっちゅうに編集こんちくしょう……!
……はい。落ち着きます。
ってかタビットさん完全に忘れてた(笑)。

確かに、ヘビージャンパーが好きな作家って今充電期間な人多いですもんね。
オレとしては、ナルトとBLEACHが終わった辺りでドカンと来て欲しい。
新しい世代として、「あれ?前に見たことある」って人ばかりに来て欲しい(笑)。

無題

今週もキレキレの葦原先生でしたね。
アクションシーンは毎回見せ方が上手くなってるのが本当に凄いです。

来週は修に頑張ってもらいたいっすね!
でも木虎ちゃんも頑張れ!笑

ps
ハイキューアニメの一部画像が出てましたが、これはもう大ヒット間違いなしですね…制作プロダクションIGですし、あの内容でクオリティも高いとか、無敵すぎますわ。

無題

ワールドトリガーは語りたい部分が多すぎて困りますね。
数コマしか出ていないトッキーがイケメン過ぎです(笑)

無題

>草薙葵
最近葦原さんノリノリだよな。これは今後も期待出来る。
オサム頑張って欲しいよなー。
今までホントダメだったからなー(笑)。
おっと、オレはまだ木虎ちゃんには厳しく行くぜ(笑)。

ハイキューのアニメつくるとこって有名なんだ。
あんま製作会社は知らないから「日向の顔違くね?」って感想しか
出てこなかった(笑)。
で、その会社が作ったアニメをwikipediaで調べてみたら、
これまた見事に見たことないアニメばっか(笑)。
強いて挙げればあずまんが大王とサモンナイト2のOPくらいで。
でも見たことないけど有名どころがたくさんあったから期待出来るんだろな。

>ちゃこさん
ワールドトリガーはみんなでわいわい喋りたいよねー。
細かいとこでツボをついてくれるから、みんな好きなとこが違ってそう。
無表情でイケメン行動しちゃうトッキーとかね。
あれは胸わし掴みだったわ(笑)。
うーん、スカイプでぎゃーぎゃー喋るって企画を本格的に考えてみようかなー。

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[04/23 ゲンキ]
[04/20 mai]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 ゲンキ]
[04/02 草薙葵]

プロフィール

HN:
ゲンキ&タクミ&アカマ&サトル
性別:
男性
自己紹介:
どうも。主に週刊少年ジャンプに関して書いていきたいと思います。

バーコード

ブログ内検索

P R